売れる映画と「細かさ」とマーケティング | マーケティング戦略研究   

2009年9月23日水曜日

売れる映画と「細かさ」とマーケティング


最近は、中国語の勉強も兼ねて中国系の映画に嵌っているのですが、ぜひ紹介したい映画を見つけました。

まず一つは、レスリーチャンの「さらばわが愛/覇王別姫」

覇王別姫は中国の有名なオペラで「四面楚歌」で有名な項羽とその愛人のお話なんですが、映画のさらばわが愛/覇王別姫はその京劇を演じる役者達のお話です。

孤児の男の子二人が京劇俳優養成所に入り、覇王別姫を演じて次第に有名になっていくのですが、大王を演じる石頭は次第に売春婦と恋に落ちて結婚をします。ところが、京劇でお姫様役を演じる小豆子は嫉妬して彼との共演を解消してしまう事になります。

特に気に入った点は、主演を演じるレスリーチャンの演技が細かい事。彼自身にゲイ疑惑があるせいかもしれませんが、彼が演じる姫が本当に妖艶で「美しい」んですね。手の動かし方、仕草などの細かい演出が必見です。



もう一つの映画は、「大紅燈籠高高掛 邦題:紅夢」

中国人の大学生の女の子が金銭的な事を理由に、家族に大富豪の第4夫人になる事を薦められ、「お金のために結婚するなんて・・・」と最初は嫌がるものの家庭の金銭的な事情には勝てないので結局4番目の妻になる事を決意し、お嫁に行く事になります。

嫁ぎ先は大富豪だけあって、豪勢な部屋が用意され使用人が付き、マッサージを受けて王室の様な豪勢なおもてなしを受けるのですが、毎日生活をしていく上で、旦那に気に入られた夫人だけが豪勢なおもてなしを受けられる事に気づきます。

第一夫人、第二夫人、第三夫人もあらゆる手段を使って旦那に気に入られようと必死になるのですが、それぞれの夫人が問題を抱え、序所に精神的に蝕まれ、悲しい結末を迎える事になります。(実際は第一夫人以外は正式な夫人では無い)

この映画は「撮り方」がおもしろくて、映画の中ではキーとなるはずの旦那さんの顔や表情は一切写さないで、夫人達と一部の召使だけを映し出す様にしています。見ている側も夫人達一人一人の表情を長く見ていると、他のキャラクターに感情移入する事無く、より夫人達の気持ちが分かる様になるのです。

売れる映画と細かさとマーケティング

この二つの映画や、他の著名な芸術作品などにも共通しますが、感動させる作品は本当に詳細に細かく出来ています。大紅燈籠高高掛の映画の1コマ1コマを見ていると、赤い提灯や役者の着ている服など1シーン1シーンが単純に綺麗なんですね。覇王別姫もそうです。

今丁度、プロのウェブデザイナーでもある婚約者に自分のプロジェクトのホームページを作って貰っているのですが、彼女の芸がまた細かい。マスコットの表情、形、目、色合い、など本当に細かくこだわるんです。そしてそのマスコットから派生してホームページのメインカラーを決めて、レイアウトを決めていきます。今まで私は素人ながら、サイトを作った事もあるのですが本当に雲泥の差です。まだそのサイトを披露する事も出来ないのですが、そういった一目見ただけでは、気づかない所まで突き詰めて仕事をする事が、信頼性のあるサイトや、感動する映画を生むのだろうなとつくづく思います。


ランキングに参加しているので、クリックお願いします!!!

マーケティング戦略研究ランキング
※ランキングサイトが4つ開きます。

「マーケティング戦略研究ブログトップはこちらから」

「金融研究ブログトップはこちらから」

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

メルマガやブログをお持ちの方必見!
こちらのスペースで相互紹介、相互リンクをしていきませんか??
お気軽にご連絡ください!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

覇王別姫は、激動の時代背景、人間の細やかな感情も描かれ、すばらしい映画だと思います。 わたしも感激しました。

中国を描いた映画のなかでは、「宋家の三姉妹」も興味深く観ました。 三姉妹のうち、一人は孫文、一人は蒋介石、あと一人は名前は忘れましたが当時の有力な財閥に嫁いだのです。 これも歴史に翻弄されるそれぞれの運命が悲しい映画です。 

Zee さんのコメント...

わたしはあきら君が中国語を勉強するを知らなかったです。ほんとうにすごいですよ。^_^

中国語の勉強に頑張って下さいね。(^_^)b

荒木 さんのコメント...

先ほどエディタ友達の申請を受理しました、荒木といいます。
申請ありがとうございました^^

相互リンク、相互紹介もお願いしたいのですが可能でしょうか?
ご検討よろしくお願いします。

コメントを投稿